有頂天ブログ

社会情勢を中心に時に、プロ野球や音楽などをつづります♪

参議院議員選挙まで2日

 目前に迫った参議院議員選挙。マスコミは改憲勢力で3分の2に迫る勢いだと報じている。今回の選挙は目立った争点がなく、この「憲法改正3分の2」が事実上の争点だ。安部首相にとれば、3分の2とることができれば改憲へ加速、自身のやる気も増す。

反対に「まずは、3分2をとれせないこと」をスローガンに掲げる民進党など野党は事実上の敗北となり、政権交代はますます遠のく。3分の2まで行かなければ野党の「勝利」として、民進党が勢いづくだろう。

 憲法を変えたいなら、改憲勢力に投票するのもありかもしれない。だが、改憲勢力が改正しようとしている条項に賛成できるのか。憲法改正には賛成だが、改憲勢力が考える条項には反対の場合は野党に投票するのが得策だろう。実際、今回の選挙は衆議院選なので、野党が勝っても政権交代が起きることはない。自民党支持だが、改正項目には反対の場合は今回に関しては野党に入れるべきだ。

改正項目について、分かりやすいものがあったので下記をご覧ください。

http://tcoj.blog.fc2.com/

この自民党草案によると、表現の自由の制限、国民には憲法尊重義務か、家族仲良くなど、国が国民にさまざまな義務を課している。マスコミでやり玉に挙げられる「9条」以外に現憲法にさまざまな制約を課している。自民は憲法を盾に国民を管理したいのが本音のようだ。我が国は憲法を中心とした法治国家なのだから、一度変えた憲法をコロコロ変えられては困る。だからこそ、自民の意図する憲法改正には疑問が残る。

英国のEU離脱を決める国民投票から2週間

 英国のEU離脱を争う国民投票があった6月23日から約2週間が経過した。

国民51.9%を占める離脱派が勝利したものの、前ロンドン市長が発言の嘘を公言したり、投票を再び求める署名が350万人以上集まるなど波乱な展開となっている。

 そもそも英国政府はこの展開を予測していたのか。各界や金融市場の見方からして、離脱は予測していたかったようだ。英国の目的は、EU統合の破壊だったのではないか。英国が国民投票をやれば、国民の間にEUへの反感が募り、他国でも国民投票をする流れになる。実際、フランス国民のEUへの好感度は低く、EUの中心国、独仏のうちの一つが抜ければ、EUは崩壊する。フランスがEU離脱をすると、EU崩壊のシナリオになるはずだったのではないか。

 しかし、結果は違った。EUの崩壊は進まず、金融市場は混乱。英国はEUを離脱し、スコットランドが独立。英国自身の崩壊が進みそうな情勢だ。だが、このまま英国がEUを離脱するとは考えにくい。国民投票に法的拘束力がないとの指摘もあるが、国民投票の結果を無視するなら、民主主義の崩壊で、さすがに考えにくい。国民投票をもう一度するという公約を掲げた政党が与党となり、新任を得れば国民投票をし、EU離脱を否決する流れなら正統性を得る。

英国のEU離脱はすぐではなく、早くて2年後だ。実際は、今後の経済情勢などを見ながらEUとどこまで関わりながら、離脱するのかということになるだろう。経済状態が思ったよりより良ければ、EUと距離を置き、スコットランドの独立も進み、欧州最大規模の油田を抱えるスコットランドはEUに残るだろう。経済状態が深刻なら、EUへ軸足を残す形での離脱となりそうだ。だが、国民投票で離脱が決まった今、独仏は早く、英国を除いた統合をしたいので、英国に早く交渉したいと言っている。独仏にとって、EUに残りたがる英国は邪魔な存在だ。英国は独仏と厳しい交渉を迫られることになりそうだ。

オールスターファン投票をしてみた

本日からNPBオールスターファン投票が始まったということで早速投票してみた。

打順も一応、考えました。

 

セ・リーグ

 

6 坂本

4 菊池

3 山田

7 筒香

DH エルドレッド

9 バレンティン

5 川端

8 丸

2 中村

菅野

田島

山崎

 

外野守備はかなり危ないが、オールスターなので。

菊池と山田を両方使いたいので、山田はファーストに。

 

パ・リーグ

8 秋山

4 西野

8 柳田

3 中田

7 内川

DH 大谷

5 松田

6 鈴木

2 炭谷

金子

牧田

サファテ

 

大谷の打撃が今年良いので、DHで起用。

 

プロ野球 全盛期ベストオーダー(パ・リーグ編/投手)

ソフトバンク

 

先発

斉藤和

杉内

和田

工藤

バンデンハーク

 

中継ぎ

摂津

森福

馬原

篠原

千賀

 

セット

ファルケンボーグ

 

抑え

ペドラザ

 

西武

松坂

西口

涌井

菊池

 

牧田

岡本篤

長田

ウィリアムス

グラマン

 

セット

 

豊田

 

ロッテ

清水直

小林宏

渡辺俊

成瀬

石川歩

 

中継

益田

大谷

薮田

松永

 

セット

小林雅

 

西野

 

日本ハム

 

ダルビッシュ

大谷

武田勝

吉川

八木

 

建山

宮西

マイケル中村

増井

石井裕

 

セット

岡島

 

武田久

 

楽天近鉄

 

岩隈

田中

美馬

塩見

永井

 

小山

青山

ラズナー

福盛

吉田

 

セット

松井裕

 

大塚

 

オリックス

 

金子

西

ディクソン

デイビー

小松

 

比嘉

岸田

小倉

大久保

加藤大

 

セット

佐藤達

 

平野

プロ野球 全盛期ベストオーダー(セ・リーグ編/投手)

全盛期ベストオーダー(セ・リーグ編/投手)

表記の通り、投手編です。希望的観測も含んでますが、ご容赦ください。

 

ヤクルト

 

先発

石井一

館山

小川

石川

グライシンガー

 

中継

高津

秋吉

松岡

石井弘

五十嵐

 

セットアッパー

イムチャンヨン

 

抑え

バーネット

 

横浜

 

三浦

川村

野村弘

今永

井納

 

木塚

三上

クルーン

山口

山崎康

セット

斎藤隆

佐々木

 

阪神

 

井川

能見

藤浪

岩田

 

中継ぎ

久保田

吉野

福原

オスンファン

川尻

 

セット

ウィリアムス

 

抑え

藤川

 

広島

 

黒田

前田健

ジョンソン

ルイス

佐々岡

 

菊地原

永川

今村

一岡

大瀬良

 

セット

ミコライオ

 

抑え

サファテ

 

中日

川上

山本昌

吉見

チェン

大野

 

浅尾

田島

高橋

山井

福谷

 

セット

岩瀬

 

ギャラード

 

巨人

上原

菅野

内海

ゴンザレス

マイコラス

 

西村

久保

越智

澤村

高橋尚

 

セット

山口

マシソン

プロ野球 全盛期ベストオーダー(セ・リーグ編)

全盛期ベストオーダー(セ・リーグ編)です。

今回は90年代後半に活躍した選手も入れてます。

 

ヤクルト

8 青木

5 川端

4 山田

3 ペタジーニ

DH ラミレス

7 バレンティン

2 古田

9 雄平

6 宮本

 

広島

7 丸

4 菊池

9 前田

5 江藤

DH ラロッカ

3 新井

6 野村

8 緒方

9 西山

 

阪神

DH マートン

8 赤星

6 鳥谷

7 金本

5 今岡

3 ブラゼル

2 矢野

9 桧山

4 平野

 

中日

8 大島

6 井端

9 福留

DH ウッズ

5 ルナ

3 山崎武

7 立浪

4 荒木

2 谷繁

 

横浜

8 石井

6 鈴木

9 内川

4 ローズ

3 筒香

DH ブランコ

7 金城

5 村田

2 相川

 

巨人

8 長野

6 坂本

9 高橋

7 松井

2 阿部

DH イスンヨプ

5 二岡

3 清原

4 仁志

プロ野球 全盛期ベストオーダー(パ・リーグ編)

WEBサイトで「選手査定ノート」というのがあり、私もやってみた。

とりあえず、パ・リーグ編。守備力、走力も考え総合的に選定しました。打順が分かりにくいですが、ご容赦ください。概ね2000年以降。

 

ソフトバンク

  • 4井口
  • 6川崎
  • 8柳田
  • 3松中
  • 2城島
  • 5小久保
  • DH長谷川
  • 9多村
  • 7柴原

 

内川は横浜に入れるため外した。

 

西武

 

日本ハム

  • 4糸井
  • 5田中賢
  • 8小笠原
  • 3中田
  • 9稲葉
  • DH セギノール
  • 8陽
  • 6金子
  • 2鶴岡

 

オリックス

  • 8坂口
  • 4後藤
  • イチロー
  • DH ィデホ
  • 7谷
  • 3T-岡田
  • 5バルデリス
  • 2伊藤
  • 6大引

 

楽天近鉄

  • 9鉄平
  • 8大村
  • 7ローズ
  • 5中村紀
  • DH クラーク
  • 3 銀次
  • 4 水口
  • 2 嶋
  • 6 渡辺直

 

ロッテ

  • 4西岡
  • 7角中
  • 3福浦
  • 8サブロー
  • DH ベニー
  • 5今江
  • 9清田
  • 2里崎
  • 6小坂