有頂天ブログ

社会情勢を中心に時に、プロ野球や音楽などをつづります♪

2018年 プロ野球順位予想 セ・リーグ

2018年のプロ野球の順位を予想する。


まずは、セ・リーグ


1位 広島


昨年と陣容に変更はなく、磐石。昨年も大差をつけて優勝していることから今年も連覇が見込める。投手が不安たが、ジョンソンが昨年ほど悪くないだろう。


2位 巨人


ゲレーロの加入で4番が固まった。やる気さえあれば35本は打つだろう。マイコラスの穴を野上、山口で埋めらるか。吉川、岡本ら若手を使い続けられるかが鍵。昨年、得点力不足で落とした試合をとれれば上位を狙える。


3位 横浜


昨年の日本シリーズの戦いを見ていると、やはり投手が厳しい。今永、ウィーランド、浜口は出遅れるようだし、山崎までつなぐ中継ぎ投手の安定感に欠ける。ラミレス監督の手腕をもってしても補えないだろう。


4位 阪神


はまれば上に行くが、未確定のロサリオ、福留、糸井、鳥谷頼みの中軸。去年、中継ぎが投げすぎている。藤浪晋太郎の復活が待たれるが果たしてそう簡単にいくだろうか。


5位 中日


投打の軸に欠ける。ゲレーロもいないので昨年度よりさらに落ちる。大島、京田は活躍するだろうがチームを勝たせる打者ではない。

開幕、小笠原や松坂の開幕ローテーションなど既に台所事情が厳しい。


6位 ヤクルト


青木の加入があげられるが、果たしてどれほどの効果があるか。ポジションが被りあまり効果は期待できないのでは。石井、河田、宮本コーチの指導が浸透し、若手が活躍するにはあと、1、2年掛かるだろう。投手が絶望的で、小川、星が出遅れるためどうしようもない。中日と同じレベルで、最下位争いか。