有頂天ブログ

社会情勢を中心に時に、プロ野球や音楽などをつづります♪

侍ジャパン 2020年の東京五輪を戦うメンバーは?

 昨日の中居正弘の番組で、2020年東京五輪を戦うならどういったメンバーを選ぶかを巨人の菅野、オリックスの金子、西武の山川・日本ハムの近藤らが議論した。番組では、メンバーに大谷が入ってたり、選手の年齢を考慮しない選択、現在35歳のホークス、松田、内川を主軸に据えるといった場面も見られ、若干非現実的かなと思った。そこで、年齢を考えたメンバーを考えた。また、2020年時点でメジャーに挑戦していることが濃厚な選手、大谷、菊池雄星はメンバーから外した。

※かっこ内は、現所属チーム、年齢

 

 まずは、投手。これまでの国際大会を見ると、3戦目が中国などの格下との対戦になることが多いので、3戦目の投手はそこまで重視しなった。1、2戦目が重要だ。千賀と則本は双方ともフォークを武器とする投手なので、組まなかった。ポイントは今永。今年のポストシーズンの投球は今後の大舞台での活躍を予感させる。中継ぎは今年、ブレイクした岩崎が柱。左は相対的にみて宮西しかいなかった。抑えは成績的に申し分のない松井か。前回のプレミアでのコントロール悪さを修正し、抑えとして君臨してほしいところだ。

 

投手(13人)

先発

①菅野(巨人、30歳)

②千賀(ホークス、26歳)

③野村(広島、30歳)

第2先発

①則本(楽天、29歳)

②今永(横浜、26歳)

③小川(ヤクルト、29歳)

 

中継ぎ

岩崎(ホークス、30歳)

秋吉(ヤクルト、30歳)

中崎(広島、27歳)

山崎(横浜、27歳)

宮西(日本ハム、34歳)

東浜(ホークス、29歳)

 

抑え

松井(楽天、24歳)

 

 続いて、野手。WBC同様、山田をファーストもしくはDHで起用し、セカンドは菊池。爆発力のある柳田を2番に置くことで、大量得点を狙う。3番の秋山も今季24本塁打とクリーンナップとして申し分ない。4番は言うまでもない。サードを考えた時にこれといった選手はいなかった。首位打者を獲得した宮崎も検討したが、併殺打が多くまた来季の活躍も不透明だ。したがって、サードを守っていた近藤を起用。彼の打撃力を6番で生かしたい。ショートは坂本しかいない。鳥谷の例に見るようにショートは年齢とともに守備範囲が狭くなるが、31歳ならセーフか。よく、菊池を2番に置く打線を見るが菊池の打撃は相手に合わせに行くバッティングのため、下位の方が良いと思う。そのため、率も上がりにくいことが多い。捕手はホークスの甲斐。肩は抜群で、リードも勉強熱心で伸びしろがある。

 

野手(15人)

1.ファースト 山田(ヤクルト、27歳)

2.レフト 柳田(ホークス、31歳)

3.センター 秋山(西武、31歳)

4.DH 筒香(横浜、28歳)

5.ライト 鈴木(広島、25歳)

6.サード 近藤(日本ハム、26歳)

7.ショート 坂本(巨人、31歳)

8.セカンド 菊池(広島、30歳)

9.キャッチャー 甲斐(ホークス、27歳)

控え

中村(ヤクルト、29歳)

田村(ロッテ、24歳)

丸(広島、30歳)

源田(西武、26歳)

浅村(西武、29歳)

中田(日本ハム、30歳)

 

 後、2年シーズンの成績が選考に関わる。2シーズンで劇的な変化はないだろう。清宮が最初から打ちまくることも考えづらい。そうすると、今NPBにいる選手が2020年の主なメンバーになるだろう。