有頂天ブログ

社会情勢を中心に時に、プロ野球や音楽などをつづります♪

B’z おすすめアルバム ランキングトップ10

今回はおすすめのB‘zアルバムをランキング形式で紹介したいと思います。

 

10.LOOSE

おすすめのアルバム曲 夢見が丘、消えない虹

LOVE PHANTOMやねがいといったメガヒット曲に加え、夢見が丘、消えない虹を中心としたアルバム曲。シングルとの強弱のあるアルバムだが、リアルタイムで聴いてないので、イマイチぴんとこないというのが実情。

 

9.BIG MACHINE 

おすすめのアルバム曲 儚いダイヤモンド、ROOTS

 

ROOTSや儚いダイヤモンド、アレクレ、WAKE UP,LIGHT NOWといったアルバム曲が光るが、IT‘S SHOWTIME、野生のENEGYのシングルが弱い。

 

8.RUN

おすすめのアルバム曲 RUN、Out of control

 

初めて、中学生のころ初めて聴いたがアルバムとしてまとまりの良さに驚いた。

紅い陽炎、月光など粒ぞろいの楽曲を収録。しかし、今は最近の音作りの方が好きなので、この順位。表題曲の「RUN」はぜひ抑えておきたい1曲。

 

7.MONSTER

おすすめのアルバム曲 ALL-OUT ATTACK、明日また陽が昇るなら

 

当時、松本氏が最高傑作といっていたアルバム。確かに、ALL-OUT ATTACK、MONSTER、明日また陽が昇るならは突き抜けている。だが、そのほかのアルバム曲が。。。

ネテモサメテモなど最初はききやすいのだが、音も作りに飽きてしまう。

 

6.C’mon

おすすめのアルバム曲 C’mon、ピルグリム

 

なんといっても表題曲「C’mon」がすべて包括している曲。それ以外の曲も、「ピルグリム」「命名」「ひとしずくのあなた」などとこどころ良い曲はあるものの、ぱっとしない。中盤の中だるみ感が否めない印象。

 

 

5.EPIC DAY

おすすめのアルバム曲 Black Coffee、Man of the match

 

10曲という、少ない曲数のためか緊張感を保ちながら1周聴ける。最初にこのアルバムを聴いた時は、Black Coffee以外、微妙だなという印象だった。コーヒー以外、どの曲がものすごく良いというのはないんだけれども、何回も聴いてしまうのは、やはり曲数が少ないからか。

 

4.Brotherhood

おすすめのアルバム曲 Brotherhood、SHINE

 

90年代のアルバムながらランクイン。重厚な曲たちが並び、ハードロックを彷彿とさせる。Brotherhood、Fear、ながい愛はファンに人気であるとともに、たまにライブでもやる。

全体的にまとまりがある。

 

3.MAGIC

おすすめのアルバム曲 Time flies、MAGIC

 

おそらく、一番聴いたであろうアルバム。メロディラインが昭和歌謡風で馴染みやすい。Time Flies、long time no seeなど疾走感のある曲が多く、何回も聴きたくなる。イチブトゼンブ、DIVE、マイロリの強力なシングルたちがアルバムを引き立てる。

 

2.THE CIRCLE

おすすめのアルバム曲 X、Sanctuary

 

突き抜けた曲はないが、世界観が統一されたアルバム。高校1年の時出たアルバムで、当時は全然良さが分からなかったが、MONSTERが出た辺りにもう一度聞き直し、はまった。

 

  1. ACTION

おすすめのアルバム曲 純情ACTION、パーフェクトライフ、光芒

 

17曲入りの大ボリュームアルバム。うち、シングルは2曲ながらアルバム曲の完成度がどれも高く、最高。この時期の音も良く、特にギターの音色がたまらない。このアルバムを出すのに、本人たちもだいぶ苦しんだ時期があったらしく、その苦しみが楽曲に反映されている。だが、苦しんだ分、そこから見えてくる「光」の部分が素晴らしいアルバム。

ほかのアルバムを圧倒する完成度だと思う。