有頂天ブログ

社会情勢を中心に時に、プロ野球や音楽などをつづります♪

アンチ巨人の遠吠え

 今シーズンもおよそ半分終わったプロ野球。しかし、巨人が弱い。あのビシエドが戻らないとかいって騒いでいる中日より↓なんだからどうしようもない。アンチ巨人としても弱すぎてせいがないというのが正直なところだ。原監督の時は、何か憎たらしくしかったが、高橋監督になってからそれもない。外からみていると会話がないチームみたいで、覇気がない。コミュニュケーションをとらないことには何もはじまらない。そこには何も生まれないのだから。そういう意味でも監督にその姿勢が見えないのが一番の弱さなのかもしれない。

 

ほかに、弱い原因をあげるとしよう、とりあえず思い付く限り書いてみる

・打率240のファースト(阿部)はいらない。いてもリードの指導を小林にするわけでもないようだし。もっとも怪我してもうその心配はないが。

・長野は1番ではない。あんな淡泊な打撃では投手は嫌がらない。

・重信、岡本、吉川ら若手を積極的に起用すべき。240のおじさんを使っている余裕があるなら、若手を使うべき。巨人は1年だけ優勝すればいい球団ではない。長期的な視野で毎年、上位を狙える球団づくりをすべき。

・数年前のようなそんなにみな打ってなくても、ここぞで力を発揮する若手を育てるべき。

・FA補強をした選手に固執しすぎる監督。特に悪い例が、森福だ。彼にもう全盛期の球威はないし、それを補う制球力もない。それなのに何度も出し、そのたびごとに打たれる。その繰り返しだ。

・カミネロを2軍に落とすべきではない。いくら打てないからといって、制球さえ決まれば、抜群の投手を落とし、クルーズをあげるなど理解不能。2軍で打つのは当然で、クルーズなんてロッテでさえ9番を打っていたバッターだ。クルーズなら中井のがいいし、やはり野球の基本は守り、もっといえば「抑え」だ。勝っているゲームを落とさなければ上にいけるはずだ。現に2年前のヤクルトは「バーネット」がいたおかげで、優勝できた。

・おじさんを並べても伸び代はない。そのことは数年前のオリックスが証明している。FA補強した、ブランコ、中島、ヘルマン、小谷野らを並べるも見事に壊滅。いまさら、キャリアハイなど出せるはずもない。活躍してほしいのは山々だが、可能性は低いのが実情だ。

・チームをまとめる選手や監督が必要。今はそれが見当たらない。FA補強するにしてもチームを引っ張る力のある選手をとるべきだった。昔の小久保やヤクルト・大引、昨年FA市場にいた選手では、西武・栗山、楽天・嶋。

・何より、監督のみならず、首脳陣の采配が稚拙。二岡や井端、江藤ら比較的若い首脳陣が選手に的確な指示を出せていないのではないか。若くても良いコーチはたくさんいるが、彼らはそれに当たらないのはチーム状態が物語っている。あの戦力で、中日より↓などありえない。

・絶対この選手だけは使うという信念が今年はない。去年はなんだかんだ、辛抱し、外人だが、ギャレットを使い続けたおかげでシーズン後半、活躍した。せっかくの去年の活躍も今年はマギーの加入で意味なし。どの監督でも賛否あっても使い続ける選手がいた。原監督の坂本、ホークス・秋山監督の今宮、横浜・ラミレス監督の桑原など。打順もそうだ。2番・ぺゲーロや4番・中田、2番・梶谷などだ。それがうまくはまる時もあればダメな時もある。だが、監督の信念が、選手に伝わるからこそチームが一つになっていくのではないか。

 

せめて、今季は中日より上に行くことが最低条件だ。引退前の岩瀬がセットアッパーを務めている中日より、↓の巨人など見たくもない。