有頂天ブログ

社会情勢を中心に時に、プロ野球や音楽などをつづります♪

今年のプロ野球順位予想

4月も後半に入りました。

遅ればせながら、今年のプロ野球の順位を予想したいと思います。

 

セ・リーグ

1位 巨人

2位 阪神

3位 ヤクルト

4位 広島

5位 中日

6位 横浜

やはり、巨人が強い。特に菅野が突き抜けている。中継ぎも駒が多い。

打線は、セカンド・クルーズの固定が大きく、坂本、長野、村田ら主力の調子も昨年より良い。

2位は阪神。抑えのマテオが思いのほか良い。ここに続く中継ぎが安定すれば。

先発でダメな藤川が良いのではないか。

打線は、若手が躍動。だが、外人、福留メインのクリーンナップでは年間通しての安定は不安だ。

3位はヤクルト。昨年同様、打線は良く、昨年いなかったバレンティンが機能。

畠山がいないが、昨年、序盤微妙だった雄平も良い。坂口もまずまずだ。

だが、昨年にも増して投手陣が脆弱だ。特に昨年セーブ失敗のないバーネットがいないのが痛い。そこで優勝に必要な星が足りないだろう。

4位は広島。打線はルナの加入、丸、菊池の復調でまずまず。だが、ルナがケガがちなこともあり、年間通してエルドレッド、新井は安定しないので、ルナなしでは得点力は落ちるだろう。抑え、中継ぎが微妙。絶対的な守護神の登場が上位に行く鍵か。ジャクソンがその役割を担えるか。

5位は中日。ビシエド頼みの打線がどこまで持つか。ビシエドがケガまたは研究されてきて打てなくなってきた時が正念場。投手陣も岩瀬に頼るようではダメだろう。

最下位は、横浜。攻守ともに絶対的に戦力が足りない。少なくとも3年の長いスパンで若手選手を育てていく必要があるだろう。筒香さえ抑えれば勝てる打線からの脱却が必要だ。

 

パ・リーグ

1位 ソフトバンク

2位 ロッテ

3位 西武

4位 日本ハム

5位 楽天

6位 オリックス

 ソフトバンクが圧倒的だ。攻では、内川が昨年より良く、1番・福田の固定も大きい。

守では、復帰した和田、例年通りのサファテ、五十嵐と盤石だ。

2位はロッテ。ここまで盤石の中継ぎ陣が上位にあげた理由。打線はクルーズ、今江の穴を、なんとか埋めている模様。問題児、ナバーロが打てば2位は固いだろう。

3位は西武。打線は良いが、4番・中村の本塁打のペースが鈍い。年25本くらいに留まると厳しい。中継ぎを牧田にやらせているようではもったいない。その割に先発が安定しない。菊池が15勝すれば上位もいけるが。

4位は日本ハム。打線は昨年と変わらず。勝てない大谷、積年の疲れが見える増井、宮西では波に乗れないだろう。

5位は楽天。打線はウィーラーが4番を打っているようでは上位は厳しい。ゴームスも例年通りイマイチな外人ぽい。新人の茂木、ベテランの松井を上位に置いている打線では限界がある。抑えの松井も昨年ほどではなく、勝ちゲームを落とすと厳しい。

最下位はオリックス。やはり、絶対的に弱い。ベテラン、ぱっとしない外人メインの打線に、金子、西の不調。中継ぎの佐藤、平野も全盛期のパフォーマンスを出すのは難しく、上位へいけないだろう。