有頂天ブログ

社会情勢を中心に時に、プロ野球や音楽などをつづります♪

集団的自衛権と完コピ

生活の党と山本太郎となかまたちの山本太郎共同代表は、19日の安全保障関連法案に関する参院特別委員会で、2012年の「第3次アーミテージレポート」を挙げ、日本に対し、原発再稼働、TPP推進、秘密保護法、武器輸出三原則の撤廃、集団的自衛権の行使容認が「提言」されているとした。現在の日本の政策が同レポートに基づいて、忠実に履行されていることを「完全コピー」=「完コピ」という言葉を用いて中谷元防衛大臣に訴えた。これに対して、中谷防衛大臣は「あくまで我国の具体的な取り組みだ」と述べた。
 同レポートは、米国元国務副長官、リチャード・アーミテージ氏などが関わる民間シンクタンクが作成した提言書。山本氏やジャーナリスト・岩上安身氏、ジャーナリスト・田原総一朗らが同レポートと国策との関連を指摘している。
 山本氏の発言は、日本が対米従属であることを改めて認識させる一幕と言え、対米従属の国是が表に出ることのなかった今日において、勇気ある行動と言える。
だが、20日付の新聞大手3紙を見ても昨日の山本氏の発言は取り上げられていない。当然、こうした発言は掲載されることはないと思っていたが、残念だ。東京新聞は取り上げていたと、ツィッタ―の情報で確認できた。昨日のNHKの映像でも同レポートの要点をまとめたクリップをカメラでクローズアップすることもあまりなかったように見受けられる。山本氏の発言がきっかけで、対米従属の日本を知り、今後の投票行動が変わるきっかけになればと期待したが、杞憂に終わりそうだ。