読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有頂天ブログ

社会情勢を中心に時に、プロ野球や音楽などをつづります♪

今シーズン

シーズン開幕して、だいぶ経ちますが今シーズンのプロ野球順位予想。


広島
巨人
横浜
ヤクルト
阪神
中日


ソフトバンク
ロッテ
楽天
日本ハム
オリックス
西武

緒方監督の采配に見る敗因

 日本シリーズ第6戦。広島4―日本ハム10でカープが敗れた。采配に関する怒りが収まらない。

 まず、この試合問題視されている継投について、

①ジャクソンを変えるタイミングがあまりにも遅すぎた。

 多くの人が言っているように投手のバースに打たれた時点で中崎に変えるべきだった。もっといえば1、2塁で岡の場面で変えるべきだった。さらに言えば、そもそも8回にジャクソンを投げさせるべきではなかった。中田、レアードに打たれているし、6連投。あまりにも酷だ。いくらいい投球をしても毎日対戦すれば球筋に慣れるし、データもそろう。

②4点取られる前に野村をへーゲンズに代えるべきだった。

 この日の野村は球威がなく、制球も甘かった。相手が、前の試合で加藤をあっさり変えて見せたのに響かなった。

③そもそも第1~3戦で、すべての投手を試しておらず、一岡、久里、福井らを使わないまま終わった。

 序盤で使ってない投手を第6、7戦で使えるわけもない。一岡らは決して悪い投手ではない。序盤で使って戦力すべきだった。2011年日本シリーズのホークス、秋山の采配に酷似している。彼は馬原と心中しようとしたが、緒方はジャクソンと心中した。

 また、打線についても不可解だった

①第6戦、4回の石原への代打。そして野村の所で、新井。

 勝負が早すぎじゃないか。前の試合で9回に代打を出さなかったのに、ここで仕掛けた。ここは石原残し、野村に代打、新井以外でも良かったように思う。緒方はここで切り札の阿部、新井を切り、いずれも凡退。しかも、あっさり両方変えて駒を失った。

エルドレッドのスタメン。

 エルドレッドは3戦連続ホームランを打った後の第4戦あたりから攻め方を変えられ打てなくなっていた。打線の繋がりを考えれば第5戦以降は新井をスタメンにすべきだったのではないか。

③6回?松山に代走・赤松を送ったのに何もしなかった。

 代走のスペシャリストを出したの前の試合?で盗塁を失敗したからなのか、仕掛けなかった。そのための代走、赤松なのに、それを生かせなかった。

 

やはり、采配が勝敗を分けたように思う。

日本シリーズの行方

今日で日本シリーズも第5戦

日本ハム2勝 広島2勝の五分だ。

 

日本ハム

ここまでの試合を見るにやはり日本ハムの中継ぎには穴がある。

序盤で先発が降板すると厳しい戦いになることは間違いない。

マーティンもしくは昨年の状態の増井がいればもう少し楽な戦いができたかもしれない。

打撃は大谷が3番に入ると途端に威力を増す。次の打者の中田に対する攻め方が変わる。

いずれにせよ先発投手が最低でも6回を投げ切ることが日本一には必要だ。

 

広島

今村、ジャクソン、中崎に頼りすぎ感がある。2回打たれてはいるが、今後も8回にジャクソンを投げさせるだろう。大谷に打たれはしたが、大瀬良も良いし、ヘーゲンズらほかの投手もいるわけだから、ジャクソンにこだわる必要はまったくない。臨機応変の継投が必要だ。

打線では、昨日DH解除するなど意味不明な采配もあった。大谷以外でDH解除など聞いたことがない。勝ちきるためとはいえ、延長15回もあるのに明らかに不利だ。

松山、新井、エルドレッドへの代走、守備固めのタイミングや石原への代打など采配が勝負の鍵となりそうだ。石原においては、リードはピカイチだが、肩も弱いし、バントも上手いとは言えない。1点がほしい場面では代打を出しても良いのではないか。もちろん8、9回での話だが。

 

いずれにしても広島は今日、ジョンソンが先発。ファイターズは次戦大谷。最終戦で増井・有原のダブル先発となるだろう。

今日勝った方が日本一に有利は間違いないだろう。

プロ野球順位予想 答え合わせ

日本シリーズも第4戦。シーズン開幕直後に順位予想した。答え合わせ。

セ・リーグ

1位 巨人

2位 阪神

3位 ヤクルト

4位 広島

5位 中日

6位 横浜

結果

1位 広島

2位 巨人

3位 横浜

4位 阪神

5位 ヤクルト

6位 中日

なんと、1つも当ってない。巨人上位、中日下位という大方だけは当たっている。

 

パ・リーグ

1位 ソフトバンク

2位 ロッテ

3位 西武

4位 日本ハム

5位 楽天

6位 オリックス

結果

1位 日本ハム

2位 ソフトバンク

3位 ロッテ

4位 西武

5位 楽天 

6位 オリックス

こちらは日本ハム以外は大方当たっているように思う。

 

多くの解説者がシーズン前に順位予想をするが、的中させるのが、いかに難しいか痛感した。こうして文字に残すと言い逃れもできないし。

ポケモンGO図鑑の状況について

 

ポケモンGO。配信から2カ月になるのを前に、残り図鑑が以下のようになりました。

 

リザードン←アメ依然足りず。個体値の高いリザードもいないので、ヒトカゲを進化させようか悩む。

カイリキー←ヒトカゲよりアメが少ない。ワンリキーヒトカゲよりレアな印象。

カブトプス←全望的。もはや進化後を捕まえた方が早いか。

オムスターカブトプスよりはアメがあるが、まだまだ遠い。こちらも進化後ねらい。

ポリゴン←この地域では全望的にいない。都市部限定なのか。。。

ラプラス←海沿いに1日張り付いて出るのを待つしかない。

ラッキー←最近、この地域でもちょくちょく出てるようだが、難しい。

プテラ←全種の中で一番レアな印象。出現場所が読めず張ることもできない。

 

何か情報などありましたらお寄せいただけると。プテラ出現の法則など募集してます!!

ポケモンGOは世界を変えるのか

 ポケモンGOが配信から約1週間が経った。各地でフィーバーが起き、多くの公園などに人が溢れる状況となった。普段、あまり外に出ない人も半ば強制的に外に出てポケモン探しに興じている。都市部に限らず、地方でも同じような現象が起きている。これまで政府や行政機関が健康のため、外で運動するように呼び掛けてもここまで人が溢れることはなかった。

 これは通常なら考えられない現象だ。インターネットを通じて家から、本もCDも服も買えるある意味「内向き」な時代にその流れに逆行している。今や高校生以上であれば誰もが持っているスマートフォンを利用した点もここまでの熱狂に繋がっている。特に今回、スマートフォンを良く利用する若い世代に人気だ。若い世代はインターネットさえあれば、さまざま事柄を簡潔にできる術を知っている。その若い世代が、インターネットを使って、歩き回ってポケモンを探すという簡略化の進む現代社会の流れに逆行する動きに共感している。もちろん、

 メディアでは、任天堂などの株価の上昇、電池を大量に消費するため充電器の購買増といった経済的な面や外で歩くので健康に良いといった面などが画期的と伝えられるが、ポケモンによって、「内向き」が、「外向き」に転換したことが特筆すべき点だと考える。

 今後、ポケモンほど世界的で、全世代を通じて人気のキャラクターはないと思うのでここまでの熱狂はないだろうが、「ポケモンGO」とう同様のスマホゲームが開発されるだろう。過去にゲームを通じて、ポケモンに接して来た世代が再びポケモンに触れ、楽しんでいる。「ポケモン」の圧倒的な魅力が、「外向き」への転換を促したのではないか。

明日からオールスター

明日からオールスターということで、選ばれたメンバーでベストメンバーを組んでみました。

まずは、セ・リーグ

 

先 菅野

中 田島

抑 山崎

 

4  菊池

5  川端

3  山田

7  筒香

DH 新井

6  坂本

8  丸

9  鈴木誠

2  中村悠

 

エル、バレ、ビシエドの外人抜き。菊池をセカンドで使いたいので、山田をファーストに。新井さんをファーストでも良いけれど。

やはり、打線はかなり豪華な印象。

 

続いて、パ・リーグ

 

先 涌井

中 牧田

抑 サファテ

 

9  秋山

7  角中

9  柳田

3  中田

DH 大谷

5  レアード

6  鈴木大

4  浅村

2  田村

 

大谷を投手ではなく、打者で。打線はセと比べると劣る印象。

選ばれてないが、万全なら中村剛が欲しいところ。