有頂天ブログ

社会情勢を中心に時に、プロ野球や音楽などをつづります♪

人知れず進化し続けていることが分かったB‘z「CALL ME DINOSAUR♪」感想

ニューアルバム「DINOSAUR」発売から2週間ほど。何周か聴いて、耳に馴染んできたので、感想をまとめた。

 

1.Dinosaur  評価☆☆☆☆☆

最初に聴いた時は行間がかなりあるなと感じた。その間にギターが入り、かっこいい仕上がりになっている。二人がインタビューでも答えている通り、行間を活かした、挑戦的な曲と言えるのではないか。アルバム全体に言えることだが、ノイズがかなり入っており、音がこもって聞こえる。特にこの曲は多い。おそらく、ここまで入っていると意図的なのだと思うが、何周かすると聞くに堪えなかった。だが、MP3プレイヤーの設定で、イコライザーなどの追加効果をすべてオフにすると、ノイズが低減した。そうしてこの曲をリピートするようになった。前作のLas Vegasと比べてもこの曲は格段にかっこいい。歴代のアルバム1曲目でも随一だと思う。

2.CHAMP  評価☆☆☆☆☆

発売前にライブでフルで聴いて、「良い」と思った。その時の印象はヘビィで、自分好みだと思った。改めて聞くと、最初に抱いた印象の通りだった。今作のリード曲と言え、メロディ、演奏ともにかなりクオリティが高い。イントロからリフに入るくだり、「ぶっちぎる」の裏のヘビィなギターなどたまらない。

 また、歌詞においてはこれまで小市民的な自信なさげな主人公が多かったが、この曲にはその姿はない。とにかく、「圧倒的じゃないと意味がない」と言い切っていて気持ち良い。ここまでの言い切りは未だかつてなかったのではないか。「ぶっちぎれ」ではなく、「ぶっちぎる」と己に向けているところも稲葉らしい。

3.Still Alive  評価☆☆☆☆☆

 最初にフルで聴いたときは、震えた。ナンバーワンかもしれないと。今までありそうでなかった曲で、サビまでのメロディが圧巻。ギターソロはほとばしり、完璧だと思った。だが、それは一時のもので、だんだんと新鮮味を失い、少し飽きている。しかし、付属のロックインジャパンの映像、自分がライブで聴いた時、全然印象が異なった。ライブでは自分の大好きなMY LONLEY TOWNより良かったんじゃないかと思うくらい、化けた。

4.ハルカ  評価☆☆☆

 「洒落てるな」が第一印象の曲。今までにないタイプの曲で、3曲目までのアッパーな流れを休ませてくれる。構成も凝っていていい。

5.それでもやっぱり  評価☆☆☆

 ACTIONの「僕には君がいる」に似ていると思った。あの曲より、ギターが入り、ハード。次の「声明」につながる流れの中で、5曲目にこの曲があるのは良い。

6.声明 評価☆☆☆☆

 パープルぽい曲という印象。今年のライブで1曲目でやったが、1曲目ということもあってかイマイチのりきれなかった。が、70年代ハードロックを感じさせる曲で、好きだ。

7.Queen of the Night  評価☆☆☆☆

 ファンの間でも評価が高いであろう曲。サビがキャッチ―でよく、最後の「汗かいて」のあがるところが、特によい。ジャズの要素が入り、今までにない曲。ハルカと同じ路線で、今後もこのタイプの曲がでてくるであろう。

8.SKYROCKET  評価☆☆

 タイトルに負けている曲。正直、あまり好きではないがライブではやりそう。リフもC’monの「DAREKA」ぽいのが、好きになれないポイントかも。「DAREKA」の方が、サビ以外のメロディ、歌詞が秀逸。

9.ルーフトップ  評価☆☆☆☆

 ホワイトスネイクぽいロックバラード。ギターメインで進行しており、好きだ。ここまで、ギターメインのロックバラードは今までになかったのではないか。

10.弱い男  評価☆

 遊びの要素が強い曲。稲葉がインタービューでも答えいるとおり、昔は違和感があったというコーラスをギターに被せている。ライブの中盤で挟みそうな曲。C’monの「ボス」あたりの立ち位置か。

11.愛しき幽霊  評価☆

 ライブではやらなさそう。稲ソロぽい。このアルバムに必要だったのか。。。雰囲気がEPICぽいが、この曲の代わりに未発表の「自由への代償」などを入れても良かったのでは。

12.kings of the street  評価☆☆☆

 C’monの「デットエンド」的な立ち位置の曲。最初は真ん中にあったというリフが特徴的で、よいが、ライブではノリが微妙そう。ライブの後半でやるには厳しそう。

13.Purple Pink Orange  評価☆☆☆☆☆

 雰囲気がある曲。こちらも言葉を詰め込み過ぎず、行間を大切にした曲。行間を活かしたサビと、アウトロウのギターが堪らない。CDにこのギターソロを入れてしまっているところがこの曲の最大の評価ポイントだ。ACIONの「光芒」を思わせるが、また違う。少し癖があり、評価が分かれそうだが、光芒のようにぜひライブ本編のラストでやってほしい。

 

 

 全体評価☆☆☆☆

 とりあえず、前作は超えたなという印象。飛ばしたくなる曲もあるが、「CHAMP」など圧倒的な曲もあり、楽しめる。前作はそれが、「Black Coffee」と「Man of the Match」のみで厳しかった。

しかし、疾走感のある曲が並ぶACTIONにはやはり勝てない。今のところ、ACTION>CIRCLE>MAGIC>Brotherhood>DINOSAURといった感じか。

師走。しわす。こんちわっす。

ご無沙汰してます。

特定の誰かが読んでくれているわけではないと思うが、久しぶりに執筆をする自分自身に対して、よっ! ご無沙汰じゃねーか!と言いたい次第。

 

気づけば師走。

この一年色々あった。

総選挙(某グループではなく政治ね)、ピコ太郎の衰退、清宮と大谷の入れ替わり((日本)ハムスター交換)などなど。

え!?その3つを挙げるのか!?と思われそうだが、私自身なんと出産を遂げた。

私は犬ではなく人間。つまり壮絶な出産だったのだ。

人間だもの。犬ではないもの。

しかし出産が終わりではなくこれがスタート。

私のような愚民ではなく、子どもはアイデンティティが確立した立派な人間にさせたいものだ。

平成生まれの我が子。平成を代表する人材に育て上げたい。たいめいけん。あーオムライス食べたし。

ほなまた~

おはよう日本、おはようしくん

台風の進路はいかに!?

どうやら関東は過ぎ去り北上している模様。勢力は弱まっているようで何より。タイフーンがヨワマール。

そう、うしくんはポケモン世代。

 

今日は旦那が朝から大谷翔平のバッティングフォームを真似ていてそれを娘と見た。

娘は終始無言。なぜならまだ産まれておらず胎児である。つまりは判断はうしくん次第。感想はあえて言わないでおこう。それが家庭円満の秘訣。いとをかし…

 

連日の暴飲暴食がたたり胃袋爆発、体重バク上げ。

これが景気ならば言うことないが体内動態は狂いまくり。いっそのこと体内バブルがはじけて収束することを願う。

願わくば景気回復(食い気回復)は望まず。

 

月曜ですね。

台風も去り新たな気持ちで生きていこうではないか、多津よ。あぁうしくんの分身、多津よ。おおらかであれ。

 

今夜のうしくん

今日は投票日。

投票は権利か義務かと問われれば、うしくんは国政に興味があるからこそ権利だと考える。一口に義務と言ってしまっては始まらない。

 

それにしても今日は甘いものを食べ過ぎだ。

投票日ならぬ糖尿日…。

シュークリーム、チョコレート、クッキー、パイ、しまいには和菓子(山●県の代表銘菓)まで頂いたのだからぬかりがない。

これが選挙ならば完全勝利と言えるであろう。

ここで強調したいのは、糖尿日であり糖尿病ではない点だ。

そう、あくまで「日」でありそれは一日で終わりを告げるのだ。

点であり線ではつながらない、つまりうしくんは太らないのだ。

肥る前にリセットをかけるのだ。クリーンな政治ならぬクリーンな体内を作り上げ、希望の体を作るのだ。

ベジタリアンの身体はもちろんイメージカラーとしては緑色であろう。しかしうしくんはコイケヤのポテトチップスは食べていないぞ…(^.^)

そう考えれば今日の食生活は希望の党ではなく希望の糖であったと信じたい。

 

あぁ胎児は何を考えているのか…

産まれたあとにでも聞かせておくれ、我が娘。その名も多津。

うしくんについて

ここまでの乱筆を詫びると共にうしくんについて軽く説明。

貫禄はあるが平成生まれ。

途中で食に目覚め人間から牛へと進化を遂げる。

その背景にはある偉大なお二方のお言葉があった。

 

相田みつを

人間だもの。

金子みすゞ

みんな違ってみんないい。

 

そう…うしくんはいくら肥えても自分は人間だ。みんな違うから太ってることもいいことだ、個性だ。

と、ラボ(研究内容については前回記述に詳細あり)で思い込み、深夜の飲食を続けたのだ。

うしくんの学生時代、都内のコンビニエンスストアのampmが全店ローソンに変わった。

初めてローソンのプレミアムロールケーキを食したとき、なんだこれ!?本当にこの値段でいいのか!?この味でこの値段はないよな…もう少しお金を払ったほうがいいのか!?と本気で悩んだ。

そう、世の中の革命が起きたと感じた。私の思考回路と私の胃袋には間違いなく革命的であった。

そこには確かにナポレオンがいた。

プレミアムロールケーキの新味が出る度に革命を感じるお安い感受性を持ったことは幸か不幸か…

 

そんな私も妊娠中の体重管理くらいはしっかりやらないとなぁと感じるのである。

あんなに暴飲暴食をしていたうしくんが…である。

世の中に人が一人誕生するということは、

一人の意識改革を伴うのであろうか。

そうだとすれば、これこそが改革ならぬ革命と呼ぶに価するのかもしれない。

 

☆viva☆多津ちゃん(☆∀☆)

 

うしくんの今日の夜ご飯

今夜は実家にて両親・旦那と会食。

晩餐会場:●●県(松●市)

メインはすき焼き風。何故かおぎのやの釜飯に入っていた。おぎのやの釜飯の容器の強度はいかに?

ガスコンロの直火でも再加熱できることを母から伝授された。しかし裏を見ると軽いヒビが…。

まぁ再利用としては許せる範囲か。

 

旦那は少食だが父親は大食漢。

弱肉強食を目の当たりにした夜。サバンナに行かずとも世の中の縮図を学んだ。

学生時代、生態系のピラミッドについて研究を重ねたが成果があげられなかった日々…

今思うと研究に没頭してラボに籠ることをせず、あの頃から家族と食卓につけばもっと違う世界が待っていたのか。まぁ後の祭り。

今は旦那と娘がいるのでいいとするか。

もちろん、デザートまでしっかりいただき、お腹はタヌキ。キツネに摘ままれるよりかは自分がタヌキになるほうがマシだと思う今宵。

台風でどこか遠くへ行きたい…。

うしくんの生態

起きる時間は本能により決まり、食べるものは本能に従う。故に自由人だと思われがちだが実態は繊細な心の持ち主。

2017年に身籠り名前は多津。性別は女。旦那は熊太郎。父親はくまへい又はリョウスケという説が有力。

追記:リョウスケ(28)について

生まれは●谷郡(現●●市)菱●保育園では問題児であったが便秘により小学生では意気消沈。体質改善を経て現在は軟便傾向。